Homeスポンサー広告BOOK★tsubo>春の夜は本を読みたくなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun2008.03.09

春の夜は本を読みたくなります。




お気に入りの本たち。
かなりボロボロですが(´ヘ`;)

どれも2,3回読みました^^
「わるいやつら」と「けものみち」、「白夜行」はTVドラマ化されていますよね。

「けものみち」のドラマは最後の伏木へ行くとこで大泣きしたなぁw
「わるいやつら」のラストも感動もんでした。
「白夜行」はラストが最初に来てるけど・・・。
どの作品もヤバイですね。DVDほしいw

小説とドラマでは多少設定などが違ってたりするけど、それがまた面白い。
たとえば、個人的に「わるいやつら」の戸谷信一は寺島トヨ(豊美だけど)よりも年上のほうがしっくりくる。
だってこういう雰囲気のお話は、女のほうが若く妖艶で美しくなくては成り立たないじゃありませんかw
「けものみち」はまあまあ小説どおり。ドラマのほうは刑事がかっこよくてびっくりしたけどw
「白夜行」のドラマは、亮司と雪穂の心理に視点を当てて、2人を主人公として話が展開していったのがよかったと思います。
そういう意味では原作も素晴らしいけど、ドラマも負けず劣らず私は好きです^^

こういう、全体的にシリアスで、人間の心理を表したような小説やドラマが好きです。
私の好みほどわかりやすいものはないだろうw

(テレ朝の清張三部作では、黒皮の手帖だけ見なかったけど・・・。)





今から「わるいやつら」の小説をもう一度読み返しますw
スポンサーサイト

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://tsubobon.blog58.fc2.com/tb.php/223-2c030aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。